SPGアメックス

今年もSPGアメックス更新しました!(SPG修行 2017年23-24滞在目)

2015年8月にSPGアメックスを発行してから、2度目の更新を迎えました。

PB190104_2

ここまで2年以上SPGアメックスを使用し、それなりの数のSPG参加ホテルにも宿泊してきましたので、SPGアメックスを持っていて良かったと感じた点をいくつか並べたいと思います。

なお、スターウッドがマリオットに買収されてしばらくたちますが、今のところSPGアメックスが廃止されるという具体的な話は聞こえてきませんので、まだしばらくはメインのクレジットカードを使っていこうと思っています。

ちなみにサブのカードはVISAのJALグローバルクラブ CLUB-Aカードを使っているのですが、なかなか良い組み合わせだなと個人的には感じています。
(世の中にいるクレジットカードマスターの方々には甘いと言われてしまうかもしれませんが、そこまでクレジットカードについて探求する気力はありませんので。。)

使って良かった点①:スターポイントをカードのショッピング利用で獲得できる

※2018年8月のマリオットリワードとSPGの統合により、ポイント制度が変更となり、1スターポイント=3ポイントで変換されました。

当カードは、100円の支払いにつき1スターポイント3ポイントを獲得できます。

一見、還元率としてそこまで良くないように見えるのですが、私個人の感覚だと、1スターポイントおよそ2円〜2.5円程度に相当すると思っており、それなりに高還元率のカードに位置付けられるのではないでしょうか。

ただ、特筆すべきほどかというとそこまでではないのですが、SPGプラチナ修行をしている身からすると、スターポイントがあるとなにかと便利だと感じる場面が多くあります。

特にスターポイントを使用しての無料宿泊は、直前までキャンセル可能であるため、まだかなり先のことで予定が変更となる可能性があるものの、ゴールデンウィークや夏休みなどとりあえず宿泊先を確保したい時などに重宝しています。
(繁忙期はすぐに無料宿泊の枠が埋まってしまうこともあるので、こまめなチェックが必要です。)

使って良かった点②:カード更新時に2滞在/5宿泊分の実績が付与される

※2018年8月のマリオットリワードとSPGの統合により、上級会員になるためには宿泊数のみで評価されるようなプログラムへ移行されました。これに伴い、SPGアメックス更新時の特典からも滞在実績の付与がなくなりました。(5宿泊分の実績付与は継続されます。)

SPGプラチナ会員を継続するためには、1暦年中にSPG参加/提携ホテルに25滞在もしくは50宿泊する必要があります。

仕事で出張が多いような方にとっては、決して困難な条件ではないと思いますが、プライベートでしかホテルに宿泊しないような私のような身では、年間25滞在するだけでもけっこうきついです。

ただ、一度SPGプラチナ会員になってしまうと、それなりにメリットがあるため、困難であろうとも翌年もSPGプラチナを継続しようと私は思ってしまいます。

そんなときにたった2滞在/5宿泊分ではあるのですが、実際には宿泊していないにも関わらず、実績がいただけるのは非常にありがたいです。

仮に1泊2万円として計算すると、4万円分の無駄な出費を節約できるだけでなく、時間・体力といった点でも大きいと思います。
(私に限った話かもしれませんが、自宅で寝る場合と比較して、ホテルではかなり睡眠の質が落ちるようで、たった1泊でもけっこう疲れてしまいます。)

ちなみにこれらの実績が付与されるタイミングは、更新月の翌々月の20日前後のようですね。

私の場合は8月更新ですので、10月に付与されました。

この2滞在分の実績により、私の2017年のSPGプラチナ修行も24滞在に達し、SPGプラチナ維持まで、あと1滞在のところまでたどり着くことができました。

2017-11-20 22.09.16

使って良かった点③:カード更新時にSPGカテゴリー6までのホテルで利用できる無料宿泊の権利が付与される

※2018年8月のマリオットリワードとSPGの統合によりこちらの特典も変更となり、無料宿泊に必要なポイントが50,000ポイントまでのホテルへと変更になっています。

このカードの年会費は31,000円(税抜き)と決して安くはありません。

ここまでいくつかSPGアメックスの良い点を並べてきましたが、それだけではこの高額な年会費に見合った内容とは決して言えないのではないでしょうか。

ただ、入会した年は付与されないものの、カード更新時にSPGカテゴリー6までのホテルに宿泊できる無料宿泊の権利をいただくことができます。

為替の影響もあり、ここ数年で日本国内のホテルのSPGカテゴリーが上昇傾向にありますが、『翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都』および『ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町』は例外ですが、日本国内の多くのホテルはSPGカテゴリー6以下ですので、この無料宿泊の権利で宿泊することが可能です。

世間的には高級ホテルに位置付けられる『セントレジス大阪』や『ウェスティンホテル東京』などでも利用できますので、季節変動等ありますが、3万円を優に超える部屋に宿泊することも可能となっており、年会費の元をとることは難しくありません。

また、この無料宿泊もSPGプラチナになるために必要な宿泊実績としてカウントされますので、SPGプラチナ修行の観点からも大変おいしくなっています。

2017-11-20 22.23.09

まとめ

更新時の無料宿泊特典で、年会費の元は十分にとれるカードとなっていますし、SPGプラチナ修行をぎりぎりでこなしている私のような身にとっては、貴重な存在となっています。

なお巷では、当カードの特典でSPGゴールド会員になり、そこからマリオットリワード ゴールド会員に無条件でリンク可能ということで、マリオット宿泊時にかなりの威力を発揮できるカードだと賑わっているようですが、私はマリオットに宿泊したことがありませんし、今後もスターウッドのホテル中心に宿泊していくつもりなので、そのあたりについてはコメントは控えたいと思います。

私にとってはかかせないカードになっていますので、今後廃止されないことを願いながら、使用を続けたいと思います。

最後になりましたが、もしこれからSPGアメックスに入会したいという方がいらっしゃいましたら、以下よりお問い合わせください。

SPGアメックス所有者からの紹介時のみに適用される、特別キャンペーンをご案内させていただきます。

【特別キャンペーンのご紹介】SPGアメックス申し込みはコチラから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。