SPG

SPGホテルホッピング@シンガポールのまとめとUBER

Wシンガポール-セントーサコーヴ、セントレジス・シンガポール、ウェスティン・シンガポールとシンガポールにあるスターウッド系列のホテルを転々とした今回のシンガポール旅行でしたが、せっかく複数のホテルに泊まってみたので、比較をしてみようと思います。

もちろん、比較といっても最近ホテルを急に利用しだした、駆け出しの私の主観に基づくものですので、信頼性はゼロに等しいと思いながら読んでいただければと思います。

  1. 施設
    施設については、どれも新しく綺麗であり、甲乙つけがたいです。その中でも、客室についてはセントレジス・シンガポールが広さがありくつろげるといった点で、秀でてたと思います。

    ただ、今回は旅行ですので、エンターテイメント面で秀でていたWシンガポールを栄えある1位にしたいと思います。Wシンガポールは領土が狭いシンガポールにあるにもかかわらず、比較的広いプールを有しているなど、ホテル内だけでもそれなりに楽しめるといったところが私の好みでした。

     1位:Wシンガポール-セントーサコーヴ
     2位:セントレジス・シンガポール
     3位:ウェスティン・シンガポール

  2. サービス
    サービスについては、もちろんWシンガポールがダントツに1位です。個人的な事情ですが、早朝につき、何をしようか途方に暮れているところ、アーリーチェックインの無理なお願いに答えて下さり、午前10時には部屋を用意してくださったところが、評価の点です。SPGゴールド会員だったから、アーリーチェックインさせていただけたのかはわかりませんが、SPGゴールド会員で良かったなと感じた瞬間でもありました。

    一方、評価が低かったのがウェスティン・シンガポールです。といっても、サービスレベルは総じて高かったのですが、ドアマンが多少力が弱かったようで、タクシーから荷物を降ろしていただいた際に、タクシーに荷物を思いっきりぶつけてしまい、タクシーの運転手さんから多少睨まれてしまったので、その点だけがマイナスでした。その他のホテルはマイナス点がなかったのでウェスティン・シンガポールを3位にさせていただきました。私の荷物が重いのがいけなかったんですけどね。

     1位:Wシンガポール-セントーサコーヴ
     2位:セントレジス・シンガポール
     3位:ウェスティン・シンガポール

  3. 周辺環境
    やはり旅先では、ホテルの中にずっといるわけではないので、遊べるところが近くにあった方がいいですよね。シンガポールは比較的狭い国なのでどのホテルを選んでもそんなに不便ではないのですが、あえてランク付けをしてみました。

    Wシンガポールはセントーサ島の端にあり、どこに行くにもタクシーやバスが必要になります。ここまで評価が高かったWシンガポールですが、この点については最下位です。

    では、1位はどこだったかといういうと、ここまで評価が低かったウェスティン・シンガポールにさせていただきました。マリーナベイに近いといったところや、近くに大きいフードコート(ラオ・パ・サフードコート)があるなど、観光も食事も楽しむことができました。観光面では、タクシーでの移動が必要になりますが、夜のガーデン・バイ・ザ・ベイが特に良かったですね。

    ウェスティンについてもオーチャードが近く、買い物には良いのですが、高級ブランドが多く、私には少し合わなかったです。

     1位:ウェスティン・シンガポール
     2位:セントレジス・シンガポール
     3位:Wシンガポール-セントーサコーヴ

  4. 総合
    以上の項目を単純に総合したランキングです。完全に私の主観でしたが、栄えある第1位に輝いたのはWシンガポールでした。本当にお世話になりました。ぜひ、また利用させていただきたいと思います。

     1位:Wシンガポール-セントーサコーヴ
     2位:セントレジス・シンガポール
     3位:ウェスティン・シンガポール

最後に、題名にもあるとおり、UBERについても少し触れておきたいと思います。

日本ではタクシーよりもかなり高いですし、東京くらいでしか使えないので、なかなかUBERを使う機会がなかったのですが、Wシンガポールとセントレジス・シンガポールにこんな感じのUBERを宣伝するカードを見かけたので、久しぶりに使ってみることにしました。 

なお、20SGDと書いてありますが、もちろん初回利用の場合しか使うことができませんのでご注意くださいね。

改めて感じたのが、UBERは便利だし、日本以外だと安いということです。

例えば、ナイトサファリに行ってきたのですが、帰りにタクシーの待ち行列を見てみると30分は待つだろうというくらい人が溢れていました。

そこでUBERを使うことにしたのですが、乗車場所は自由に指定できますので、もちろん待ち行列に並ぶこともなく、すぐに乗車することができました。

また、帰国の飛行機も早朝の便を予約していたのですが、シンガポールのタクシーは深夜料金は1.5倍の金額取られてしまいます。

一方、UBERについては、需要が高い時間帯については割増料金があるのですが、深夜料金という概念がありません。

そこで帰国時にウェスティン・シンガポールからチャンギ国際空港に向かう時にUBERを利用しましたが、16.5SGDと日本円でいうと1,300円ちょっと(当時)と大変リーズナブルでした。

以上のように、シンガポールではタクシーの代わりに、UBERを使ってみるのもありだと思います。

ただ、その前提として現地でsimカードを購入するなどして、スマホで通信できるようにしておく必要はあるんですけどね。

今回はシンガポール旅行のまとめとして、宿泊したホテルの比較とUBERについて記載させていただきました。

多少長い記事になってしまいましたが、最期まで読んでいただきありがとうございました。

◆おすすめ記事◆

マリオット宿泊記一覧2016年にマリオット(旧SPG)プラチナ修行を始めてから、これまでに宿泊してきたホテルの宿泊記一覧です。 客室の様子だけでなく、マリ...
高級ホテルでVIP待遇!超高還元率クレジットカード SPGアメックスのご紹介[入会特典 39,000ポイント]世界最大のホテルグループ「マリオット(Marriott)」のホテルに超お得に宿泊できるだけでなく、貯まったポイントを航空会社のマイル(マ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。