ラグジュアリーコレクション宿泊記

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ / マイラニ・タワー・オーシャンフロント(マリオットプラチナ修行)

ンクの外装が一際目を引き、ワイキキビーチのシンボルともなっているロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキに宿泊してきました。

太平洋のピンク・パレスとも呼ばれ、その外観だけでなくピンク色を基調としたインテリアまで、まさにピンク一色のホテルとなっています。

ハワイに行くなら絶対に泊まってみたいとかねてから思っており、その期待値も高かったのですが、実際に宿泊してみて期待以上のホテルで、早くももう一度訪れたいと思い始めています。

Marriott International

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ 概要

住所 2259 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
予約 最安値での検索はこちら / 公式サイトからの予約はこちら
チェックイン 3:00 PM
チェックアウト 12:00 AM
マリオットリワード
カテゴリー
7

高級ホテルでVIP待遇を受けたい方必見!
SPGアメックス 特別キャンペーンご紹介

アクセス

ダニエル・K・イノウエ国際空港からロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキへの交通手段は車が中心となります。

空港からタクシーに乗って20〜30分ほど、カラカウア通りと交差するロイヤル・ハワイアン通りに入り、シェラトン・ワイキキ・ホテルを過ぎたところにロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキは位置しています。

外観

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキは、本館である『ヒストリカル・ビルディング』と2015年にリニューアルされた別館『マイラニ・タワー』で構成されています。

緑に囲まれ約半数の客室がガーデンビューの歴史ある『ヒストリカル・ビルディング』と、全室オーシャンビューでワイキキビーチの絶景を楽しめる『マイラ二・タワー』は、それぞれに特色があり、いずれも魅力的な建物となっています。

ヒストリカル・ビルディング

マイラニ・タワー

フロント・ロビー

エントランス・ロビー

ロイヤル・ハワイアン通りを進み、シェラトン・ワイキキ・ホテルを過ぎると、ロイヤル ハワイアンの紋章が飾られた門が現れます。

門を過ぎるとすぐにピンク色の本館、ヒストリカル・ビルディングにたどり着きます。

館内に一歩足を踏み入れると、そこにはクラシカルな内装により、長い伝統を感じさせる空間となっていました。

ロビーエリアを含む館内には古地図が飾られているなど、歴史を感じさせるアイテムが多数展示されていました。

フロント

チェックイン時は特に並ぶことなく、すぐに手続きを進めることができました。

マイラ二・タワー チェックインカウンター

ヒストリカル・ビルディング(本館)を出て中庭もしくはその横の回廊を進むとマイラ二・タワーに辿りつきます。

なお、マイラ二・タワーの入り口にはカウンターが設けられており、マイラ二・タワー宿泊者の場合はこちらの専用カウンターでチェックイン・チェックアウトの手続きをすることができます。

マイラニ・タワー エントランス

Marriott Bonvoy プラチナエリート会員特典

Marriott Bonvoy(マリオットの会員プログラム)で、プラチナ・チタン・アンバサダーエリート会員と呼ばれる上級会員になると、宿泊時に豊富な特典を受けることができます。

プラチナエリート会員として宿泊した今回は、以下のような特典を受けることができました。

  • ウェルカムギフト:朝食@レストラン『サーフ ラナイ(Surf Lanai)』(その他に1,000ポイントなども選択可能)
  • 無償ルームアップグレード:ヒストリック・ルーム ⇒ マイラニ・タワー・オーシャンフロント
  • マイラニ・ラウンジへのアクセス権
  • レイトチェックアウト(13時00分まで)

ルームアップグレードはヒストリカル・ビルディングにある最安のヒストリック・ルームからマイラニ・タワーのマイラ二・タワー・オーシャンフロントへ大幅なアップグレードで大満足の内容。

また、今回はマイラ二・タワー内の客室に宿泊ということで、マイラ二・ラウンジも利用することができました。
(プラチナエリート会員以上の場合は、マイラ二・タワーの部屋に宿泊していなくても使うことができるようです。)

こちらのマイラ二・ラウンジでは、無料で朝食や夕方には軽食に加えてアルコールドリンクなどをいただくことができ、ロイヤル ハワイアンの宿泊をより充実させてくれます。

その他にもサーフ ラナイの朝食ビュッフェをウェルカムギフトとして選択することができました。

サーフ ラナイの朝食ビュッフェでは、通常アントレとしてパンケーキやオムレツなどが個別に調理され提供されるのですが、プラチナエリート会員向けの特典ではこれらは対象外でいただけるのはビュッフェのみとなりますので、その点注意が必要です。

なお、レイトチェックアウトについては、チェックアウト日にフロントで確認してくださいということで、事前の確約はいただけず、チェックアウト日に確認したところ、1時間の延長で午後1時まで滞在可能ということでした。

当日までレイトチェックアウト可能か判明しないと、スケジュールもたてづらいですし、ロイヤル ハワイアンでレイトチェックアウトはあまり期待しない方が良いかもしれませんね。

これらの特典をいただくためには少なくともMarriott Bonvoyのプラチナエリート会員以上のステータスを保有する必要がありますが、SPGアメックスの入手はその近道になります。

Marriott Bonvoyの上級会員に興味がある方は、ぜひこちらのページもご覧ください。

プラチナエリート会員への近道
SPGアメックスのご紹介(特別キャンペーン情報あり)

最後にロイヤル ハワイアン独自のちょっとした特典の紹介です。

宿泊時に支払いが必要となるリゾート料金に含まれるサービスの中に、敷地内のロイヤルハワイアンベーカリーでパンをいただけるというサービスがあるのですが、上級会員の場合は少し多めにパンをいただけるようで、これもちょっとうれしい特典ですね。

チェックイン時に渡されたチケットをロイヤルハワイアンベーカリーで提示すると、紙袋を渡されるのですが、なんと詰め放題になっています。

どのパンも3ドル前後で販売されているのですが、そのパンを8〜10個程度は詰められるほどのサイズで、お得感満載でした。

マイラ二・タワー・オーシャンフロント(キング)

Marriott Bonvoyのプラチナエリート会員の特典でアップグレードいただいたのは、マイラ二・タワー・オーシャンフロントのキングタイプの部屋です。

2015年にリニューアルされたことから室内はまだまだ新しく、客室面積も33㎡あり、十分な広さも備えた快適な部屋となっています。

客室フロア 廊下・入り口

ベッドルーム

部屋に入るとワイキキの鮮やかな青い海の景色が目に入ってきます。

また、部屋自体もカラフルな家具や装飾品に彩られ、非常に明るく華やいだ空間になっています。

ベッド

キングタイプの部屋ということで、キングベッドが1台設置されています。

ワークデスク・テレビ

テレビ台も兼ねたチェストがワークデスクにもなっていました。

ソファ・サイドテーブル

ソファは一人掛けですが、足を伸ばしてくつろぐことができる大型のものでした。

無料の水・コーヒー・冷蔵庫

ミネラルウォーター2本とお茶のティーバッグやインスタントコーヒーが用意されていました。

コーヒーはハワイということでコナコーヒーでした。

バスルーム

バスルームは洗面台・洗い場一体型のバスタブ・トイレといった構成です。

また、クローゼットもバスルーム内に備えられていました。

洗面台

バスアメニティはマリエオーガニクス(Marie Organics)というハワイ・カウアイ島生まれのオーガニクススパブランドのモノ。

マイラ二・タワーの客室には標準で歯ブラシも用意されています。

なお、ヒストリカル・ビルディングに宿泊の場合も、希望をすれば歯ブラシを出していただけるようです。

バスタブ

バスタブはカーテンで仕切るタイプです。

クローゼット

クローゼットもバスルーム内に設置されていました。

バスローブまでピンク色です。

部屋からの景色

バルコニーに出ると部屋の名前にあるとおりまさにオーシャンフロント、すぐ目の前にワイキキの海の絶景が広がります。

左の方向を向くと、ダイヤモンドヘッドも見えました。

その他共用設備

フィットネスセンター

プール

ロイヤル ハワイアンには2つのプールが用意されていて、ひとつがロイヤル ハワイアン宿泊者専用のマルラニ・プール、もうひとつが隣接するシェラトン・ワイキキの宿泊者と共用のヘルモア・プレイグラウンドです。

マルラニ・プール

マルラニ・プールはコンパクトな円形のプール。

ワイキキ・ビーチを近くに見ながら、景色・雰囲気を楽しむための大人向けのプールといった印象です。

マルラニ・プールにおいては、カバナは有料ですが、パラソルは無料で利用できます。

ヘルモア・プレイグラウンド

一方、ヘルモア・プレイグラウンドはワイキキ最大規模のプールということで非常に大きかったです。

私が宿泊した時は使用できなかったのですが、ウォータースライダーも設置され、子供が楽しめるプールになっています。

ロイヤル ハワイアン専用ビーチエリア

ホテルの目の前のビーチエリアの一部が、ロイヤル ハワイアン宿泊者専用のスペースとして確保されています。

なお、こちらのエリアを利用するためには、ロイヤル ハワイアンに宿泊した上で、有料のビーチセット(パラソル & ビーチチェア2脚、1日あたり$40 + 税金)を借りる必要があります。

せっかくのロイヤル ハワイアン宿泊ということで、私もピンク色のこのビーチセットを借りてみました。

いざビーチチェアに座ってみると、目の前には多数のビーチパラソルがあり、海の景色はそこまで楽しめなかったのですが、雰囲気は抜群。

大満足の時間を過ごすことができました。

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキのマイラニ・タワー・オーシャンフロントの紹介を中心とした今回の投稿は異常となります。

次回はマイラ二・ラウンジの様子を詳しく紹介させていただこうと考えています。

◆おすすめ記事◆

マリオット宿泊記一覧2016年にマリオット(旧SPG)プラチナ修行を始めてから、これまでに宿泊してきたホテルの宿泊記一覧です。 客室の様子だけでなく、マリ...
高級ホテルでVIP待遇!超高還元率クレジットカード SPGアメックスのご紹介[入会特典 39,000ポイント]世界最大のホテルグループ「マリオット(Marriott)」のホテルに超お得に宿泊できるだけでなく、貯まったポイントを航空会社のマイル(マ...
Marriott International
Marriott International

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。