JGC

JAL国内線 羽田-那覇 ウルトラ先得(JGC修行 11(クラス J),12レグ目)・・・またまた自己最高効率達成

々週に引き続き、沖縄まで行ってきました。

前回はJGCの単独修行で日帰りでしたが、今回はこれまでのようにSGPプラチナ修行とJGC修行を兼ねて1泊してきました。

そして、前回の羽田-那覇便で、自己最高効率のFOP単価 6.1円/FOPを達成したばかりですが、今回その記録を更新しました。

何かすごいテクニックを使ったとかキャンペーンを使ったとかではなく、ただ羽田-那覇便のクラスJをウルトラ先得で購入しただけです。

なお、そのFOP単価はどれくらいかと言いますと、6.0円/FOPになります。

ここでは小数点第2位で切り上げをしているので、実際は6円を切っています。

FOP修行をされている方にとっては、かなりお得ではないでしょうか。

区間 種別 獲得FOP FOP単価
羽田 → 那覇 ウルトラ
先得
(クラスJ)
1,672 6.0円/FOP

那覇→ 羽田

ウルトラ
先得
1,476 6.1円/FOP

なお今回乗ったのは、JL921便で那覇空港には19時着のものでした。

一番安いという理由でこの便にしたのですが、沖縄を満喫したい場合には夜に到着する当便は選択肢から外れてしまいますよね。

ただ私は、JGC修行中の身ですので、沖縄の満喫よりFOPを効率的に獲得することが優先ですので、迷わずにこの時間の便を選択しました。

そして、今回は初めてのクラス Jの利用でした。

たった1,000円でこのシートに座れるなら、喜んで支払いますと言いたいところですが、FOPの効率的な獲得という観点だけで言うと、長距離路線じゃないと割に合わないケースが多いんですよね。

例えば羽田-那覇でしたら、クラス Jの方が普通席よりも効率的にFOPを獲得できますが、羽田-伊丹ですと普通席の方が効率が良くなるんですよね、FOP単価という点においてはですが。

ということで、私は近距離路線ではクラス Jに空きがあっても、基本的には普通席を選ぶことにしています。

なお、これについてはどの距離からクラス Jがお得になるかなど調べたことはないので感覚的なものです。

感覚的なものですと説得力もありませんので、いつか計算してみたいと思います。

帰りの便については、JL904便です。

出発が11時35分でしたので、1泊したといっても、沖縄滞在時間は16時間程度でした。

本当はもっと長居したいところですが、これも修行の身ですので、我慢です。

JGC修行から解放される来年あたりにでも、ゆっくりと沖縄に滞在したいと思います。

最後に注意点についてですが、これからの7、8月は沖縄のハイシーズンあたりますので、残念ながらしばらくは上記の単価での購入はできなくなってしまいます。

ただ、9月にはまた復活していますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

※今回の旅で、累積25,000FOPを超え、やっと折り返しです。先は長い。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。