JGC

JAL国内線 羽田-那覇-伊丹-羽田 ウルトラ先得&特便1(JGC修行 22,23,24レグ目)

の記事にも書いたように、神戸マラソンを走るために神戸まで行ってきたのですが、残念ながら現在のJALは神戸空港に乗り入れていません。

従って、羽田空港から伊丹空港まで飛行機を利用し、そこから電車を乗り継いで神戸まで行ってきました。

ただ、JGC修行中の私は、少しでも多くのFOPを稼ぐために、那覇空港を経由して伊丹空港に行くというやや遠回りの経路を使ってみました。

そんな遠回りの行程ですが、羽田から那覇への移動から順に記載させていただきます。

私は、JMBクリスタルになってしばらく経ってはいるものの、なかなか羽田空港の国内線サクララウンジを利用する機会がなく、この日に初めて国内線サクララウンジを使用しました。
(JMBクリスタル達成時のキャンペーンとして、羽田空港国内線サクララウンジに入室可能な電子クーポン10枚をもらえ、今回はこれを利用しました。)

初めての国内線サクララウンジでしたが、そこまで特別なスペースではないなというのが率直な感想です。

ビールサーバーが設置されているため、ビールを飲む方にとってはカードラウンジより良いのかもしれませんが、お酒を飲まない私からすると、食事があるわけでもないですし、ちょっときれいで広いカードラウンジといった印象程度でしたね。

そんなに時間もなかったので、一通り見学した後コーラだけいただき、搭乗口へ向かいました。

この日の那覇へのフライトは、JL991便で、機材はボーイング737−800でした。

若干の出発遅延はありましたが、特に問題もなく、那覇空港に到着しました。
(十分余裕をみて乗り継ぎ便の予約はしていますが、それでも私は乗り継ぎ時間の心配を若干してしまいます。)

那覇空港では少し時間があったので、天龍というレストランで食事をとりました。

ここで食べたのは、定番ですが沖縄そばです。

ごはんもついてかなりボリュームがあり、完食後はかなり苦しかったです。

その後は、伊丹便に乗るために搭乗口に向かいました。

那覇-伊丹便はJL2084便で、機材はボーイング777−300でした。

今回のフライトも問題なく、無事伊丹に到着したのですが、家を出てからすでに8時間以上経っており、さすがに疲れました。

ただ、この経路を使うことにより、羽田-伊丹の単純な片道では820FOPしか稼げないところ、その3倍以上のFOPを稼ぐことがことができました。

お金と時間と体力は無駄に使うことになるりましたが。。

その後、電車を乗り継いで神戸へ向かったのですが、そこは割愛させていただきますね。

神戸マラソンの受付もしなければならなかったため、ホテルに着くまでに結局半日程度を要してしまいました。

続いて帰路についてですが、帰りについてはさすがにフルマラソン後で疲れているので、寄り道することなく素直に伊丹から羽田に帰りました。

なお、当日空港にてクラスJのキャンセル待ちをしていたところ、クラスJの空席を割り当てていただくことができ、最後のフライトはクラスJを利用することができました。
(支払いはクラスJクーポン利用でしたので、FOPのプラス10%はつきません。)

日曜日夕方の伊丹-羽田便はいつもキャンセル待ち種別Sで締め切られているイメージがあったので、キャンセル待ち種別A(JMBクリスタル)の私まで空席が回ってくるとは想定外でしたが、フルマラソンでかなり疲れている体にとっては非常にありがたかったです。

最後の搭乗便は、伊丹-羽田のJL130便の利用で、機材はボーイング767−300でした。

最後に、今回の行程で獲得したFOPについてまとめます。

区間 種別 獲得FOP FOP単価
羽田 → 那覇 ウルトラ
先得
1,476 10.5円/FOP

那覇→ 伊丹

ウルトラ
先得
(クラスJ)
1,256 7.7円/FOP

伊丹→羽田

特便割引1 820 15.0円/FOP

FOP単価はそんなに良くありませんが、羽田-伊丹の単純往復よりはかなり多くのFOPを獲得することができたため、今年の目標であるJGC到達まで、あと一歩のところまでたどり着くことができました。

なんとかJGCまでは到達できそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。