JGC

JAL国際線 成田-ヘルシンキ ダイナミックセイバー(JGC修行 15,16レグ目)

の記事に記載したとおりフィンランドのヘルシンキへ旅行に行ってきたのですが、JGC修行中の身ですので、航空会社はもちろんJALの利用です。

そして、今回の搭乗により30,000FOPに到達し、JMB(JALマイレージバンク)の最初の上級会員ステータスであるJMBクリスタルを取得することができました。

目標であるJGC取得のためには、まだ20,000FOP程度獲得しなければならず、まだまだゴールは遠いですが、JMBクリスタルになることでほんの少しではありますが上級会員向けサービスを受けることができるようになるため多少の満足感を感じています。

なお、今回の旅でJMBクリスタルに到達することが分かっていたので、その前に1つだけ試しておきたかったことがあります。

私はサブのクレジットカードとして、JALカードのCLUB-Aカード(VISA)を使用しているのですが、CLUB−Aカードの利用者特典として国際線限定ではありますが、エコノミークラス利用時もビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できるというものがあります。

JMBクリスタル以上のステータスを持っていれば当然受けることができるサービスにはなるのですが、ステータスがなくてもCLUB−Aカードがあればビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できることを試してみたかったのです。

ということで、無印のJMB会員であった私がCLUB−Aカードを片手にビジネスクラス・チェックインカウンターに並んでみたところ、当然といえば当然ですが、まったく問題なくビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができました。

CLUB−Aカード等を持っていれば、無印のJMB会員でもビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができるので、これまで知らなかった方はぜひ今後の旅で使ってみてください。

さて、今回の搭乗便ですが、行きは成田発のJL413便でした。

そして初めてのB787への搭乗でしたが、シートがSKY WIDER Ⅱというものであり、明らかにこれまでのエコノミークラスのシートよりも前後の幅が広く、快適な時間を過ごすことができました。

ドリンクは毎度おなじみスカイタイムです。

食事は2食提供され、2食目はAIRモスバーガーでした。

自分で野菜を挟むのですが、私は不器用なので、見た目はイマイチでしたが、味はおいしかったです。

ヘルシンキに到着すると、そこにはボーディングブリッジがなく、タラップを降りバスに乗り込みました。

あまり飛行機に乗ったことがないので、初めての経験で興味津々でした。

そして、ヘルシンキに3泊した後、再びヘルシンキ・ヴァンター空港に戻ってきましたが、帰りは成田行きのJL414便の利用です。

今回は座席を事前予約できなかったのですが、当日割り当てられたのは、非常口席でした。

非常口席に座るのも今回が初めての経験です。

非常口席の良し悪しはいろいろとあるようですが、とりあえず足を伸ばせるのは良かったです。

ただ、先に書いたようにSKY WIDER Ⅱは前後にそれなりに広いため、あえて非常口席に座りたいというものではなかったですね、窓から外も見づらいですし。

帰りももちろんスカイタイムを飲みました。

食事については、このような感じでした。

最後に今回の旅のFOP単価についてまとめました。

区間 種別 獲得FOP FOP単価
成田 → ヘルシンキ
ダイナミックセイバー
タイプE

3,015 20.3円/FOP

ヘルシンキ→ 成田

ダイナミックセイバー
タイプE
3,015 20.3円/FOP

過去最低のFOP単価ですね。

これはヨーロッパですとFOPの倍率が1倍ですし、ヘルシンキはヨーロッパの中でも近い方ということが大きく影響しているものと思われます。

JGCを効率的に取得したい人にはあまり向かない路線ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。