シェラトン宿泊記

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート / ラグーナスイート & ベイサイド・バーベキュー(2018年SPG・マリオットプラチナ修行)

ェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートは、グアムのタムニン地区に位置するリゾートホテル。

繁華街であるタモン地区からは少し離れていますが、ホテル内のアクティビティが非常に充実していて、レストランも豊富であることから、ホテルの中だけでも快適にリゾート気分を味わいながら時間を過ごすことができます。

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート 概要

 

住所 470 Farenholt Avenue Tamuning, Guam 96913 United States
予約 最安値での検索はこちら / 公式サイトからの予約はこちら
チェックイン 3:00 PM
チェックアウト 12:00 AM
マリオットリワード
カテゴリー
5

高級ホテルでVIP待遇を受けたい方必見!
SPGアメックス 特別キャンペーンご紹介

アクセス

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートは、グアム国際空港から車で15分程度の場所に位置しています。

空港からホテルまでのアクセスは、タクシーもしくはホテルの有料送迎サービスを利用するのが便利です。

有料送迎サービス

なお立地としては、ホテルからの徒歩圏内にはほぼ商業施設はありませんが、グアム・プレミアム・アウトレット(GPO)へは赤いシャトルバスで5分程度で着きますので、ショッピングの拠点としても良いかと思います。

パブリックスペース

外観

エントランス

老朽化が目立つホテルが多いグアムですが、シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートのエントランスからもやや年季が入っている様子が見てとれます。

ロビー・フロント

ロビーやフロント周辺は、きれいに整備されていて、ラグジュアリー感もあるつくりとなっています。

時間によるのかもしれませんが、私がチェックインをしたタイミングは、特に込み合うこともなく、スムーズに手続きを済ますことができました。

マリオット/SPG リワードプラチナエリート会員特典

今回マリオットのプラチナエリート会員として受けることができた特典は、以下のとおりです。

  • ウェルカムギフトとしての朝食券(1,000ポイントなどの選択も可)
  • ルームアップグレード・・・オーシャンビュールーム ⇒ ラグーナスイート
  • クラブラウンジへのアクセス権

チェックアウト日はほぼ満室ということで、レイトチェックアウトは不可とのこと。

また、ルームアップグレードについても、ほぼ満室の中ありがたいことですが、1カテゴリー程度のアップのみでした。
(シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートの客室はスイートが占める割合が高く、ラグーナスイートは”スイート”ではあるものの、最安のオーシャンビュールームの1つ上のカテゴリー、金額にして1日あたり$30程度の違いしかありません。)

なお、クラブラウンジの様子やLa Cascataでの朝食ビュッフェについては、過去の記事をご覧いただければと思います。

シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート(SPG修行 2017年21-22滞在目)③ クラブラウンジシェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートのクラブラウンジを利用してきました。 住所 470 Farenho...
シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート(SPG修行 2017年21-22滞在目)④ 朝食@La Cascataシェラトン・ラグーナ・グアム・リゾートでは、レストラン『La Cascata』で朝食ビュッフェをいただいてきました。 ...

プラチナエリート会員への近道
SPGアメックスのご紹介(特別キャンペーン情報あり)

ラグーナスイート(キング)

前回宿泊した際は、クラブフロア(高層階)にあるラグーナクラブスイートという部屋に宿泊したのですが、今回宿泊したラグーナスイートは、ラグーナクラブスイートとまったく同じ造りの部屋でした。

ラグーナスイート・ラグーナクラブスイートともに、広さは66㎡あり、リビングルームもベッドルームも十分な広さが備わったスイートとなっています。

客室フロア 廊下・入り口

リビングルーム

部屋に入るとまず、リビングルームがあります。

カーテンが半分ほど閉じられていた上に、室内の家具も色合いが地味なものが多く、第一印象は暗い部屋だなといったものですが、カーテンを開ければ十分な光が入ってきますので、また印象も変わってきます。

テーブル & ソファ

テーブルの上には、ウェルカムカードと共にワインが用意されていました。

ワークデスク

テレビ

無料の水・コーヒー・冷蔵庫

ベッドルーム

リビングルームの入口側から見て右手、テレビの脇にベッドルームへの入口があります。

ベッドルームには、ベッドに加えだけでなく、テレビ・一人掛けのソファ・ドレッサーなどが設置されています。

ベッド

ベッドに関しては、シーツにシワが多く、ややくたびれている様子でした。

また、一見キングサイズのベッドに見えますが、シングルサイズもしくはセミダブルサイズのものが2台並べられているだけなので、シーツで隠れているものの間には隙間がありました。

テレビ

一人掛けソファ

ドレッサー 

バスルーム

ベッドルーム側の壁がガラス張りになっていて、若干ではありますがバスルームから海を眺めることができるようになっていました。

洗面台

洗面台はダブルシンクとなっていました。

バスタブ

バスタブは大きく、ゆったりお湯に浸かることでできます。

シャワールーム

独立したシャワールームもあり、バスルームとしてはかなり充実した構成なのですが、このシャワールームは水圧が弱いだけでなく、お湯を出したり温度調整をするためのレバーの使い勝手が悪く、なかなか苦労させられました。

バスアメニティ

シャンプー等のバスアメニティは、シェラトン標準のものでした。

バルコニー

ラグーナスイートに関しては、バルコニーからの景色の紹介が最後になります。

低層階(3階)ということもあり、海の風景が建物に遮られてしまっているのが残念ですね。

ラグーナスイートについての紹介は以上となります。

ベイサイド・バーベキュー

続いて、ディナーで利用したベイサイド・バーベキューについて、簡単に紹介します。

グアムの伝統的なダンス、チャモロダンスのショーを見ながらバーベキューを楽しむことができるという、グアム感満載のディナーです。

曜日によってダンスチームが異なるようですが、毎日18時にディナー開始、19時からダンスショーが始まります。

なお、ベイサイド・バーベキューは、オーシャンクリフサイドという崖上のスペースが会場になっています。
(プール脇の階段もしくはスロープを登ると会場にたどり着けます。)

フード・ドリンク

バーベキューは、ビュッフェコーナーから自身で食べ物を持ってきて、各席に設置されたコンロで焼くような方式となっていました。

焼き物(肉・海鮮)

焼き物としては、バーベキューの定番であるお肉・海鮮が用意されていました。

調理済みフード

もちろん調理済みフードもあります。

ドリンク

フードもドリンクもそこまで種類が多いわけではありませんが、どちらかというとチャモロダンスショーがメインですので、十分満足できる内容ですね。

チャモロダンスショー

肝心のチャモロダンスショーは大迫力。

レストラン客がステージに上がる参加型の時間帯もあり、大満足でした。

シェラトン ・ラグーナ・グアム・リゾートの紹介は以上となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。