シェラトン宿泊記

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート / マリーナキング宿泊記 (SPG修行 2017年3滞在目)

ェラトン沖縄サンマリーナリゾートに行ってきました。

2016年6月にリブランドオープンしてから既に3度目の滞在ではあるのですが、ここ最近は新客室棟が新たにオープンしたり、ウェルネスセンターやウェディングチャペルなどももう少しで完成するということで、訪れるたびにその様子に変化があり毎回楽しませていただいています。

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 概要

 

住所 沖縄県国頭郡恩納村字冨着66-1
予約 最安値での検索はこちら / 公式サイトからの予約はこちら
チェックイン 3:00 PM
チェックアウト 12:00 AM
マリオットリワード
カテゴリー
6

高級ホテルでVIP待遇を受けたい方必見!
SPGアメックス 特別キャンペーンご紹介

アクセス

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートは、沖縄本島の中央部の西海岸に位置する恩納村にあります。

那覇空港発のリムジンバスを利用した場合、ホテルまでの所要時間はおよそ80分、その他の交通手段としては路線バス・タクシー・レンタカーなどになります。

外観

シェラトン沖縄サンマリーナリゾートはピラミッド型のその外観が特徴で、屋根は赤瓦が利用された、沖縄らしい建物となっています。

パブリックスペース

ロビー

前回宿泊時と比べると、新棟が新たに開業したというだけでなく、ロビーなどの共用スペースにも新たな家具やオブジェが設置されたり、雰囲気が様変わりしていました。

フロント

マリオット/SPG リワードプラチナエリート会員特典

今回SPG(現マリオット)のプラチナエリート会員として受けることができた特典は、以下のとおりです。

  • ウェルカムギフト(琉球ガラス製のグラス)・・・ポイントの選択も可能
  • ルームアップグレード・・・ダブルルーム ⇒ マリーナキング
  • レイトチェックアウト(16時まで)
  • レストラン「センス(SENSES)」での朝食
  • バー『サンセットバー&テラス』でのハッピーアワードリンク券

今回は最安のダブルルームの予約をしていたのですが、新客室棟であるサウスタワーのマリーナキングまでアップグレードしてくださいました。

過去2回宿泊した際も、ゴールド会員にもかかわらず、デラックスルームやオーシャンメゾネットルームにアップグレードしていただけており、部屋に空きがある時は比較的アップグレードに寛容なホテルであるといった印象です。

その他のプラチナ会員特典としては、レストラン『SENSES』の朝食券や、17-18時の時間限定ではありますが、『サンセットバー&テラス』というバーにて無料でドリンクを頂ける、ハッピーアワードリンク券をいただくことができました。

サウスタワー / マリーナキング

ルームアップグレードにより今回宿泊することになったマリーナキングルームは、メインタワーから徒歩1分もない距離にあるサウスタワー内に用意されています。

メインタワーでチェックイン手続きを済ませたのち、すぐ近くであるにも関わらず、わざわざカートに乗せてサウスタワーまで送ってくださいました。

短い距離ですが、荷物も持っていたので、その心遣いに感謝です。

サウスタワー外観

なお、宿泊当時は建物自体は完成しているものの、周辺はまだ工事中であり、少々騒がしい環境でしたね。

外観の写真を見ていただいてもわかると思いますが、このサウスタワーは非常にコンパクトで全46室しかありません。

サウスタワーには私が宿泊したマリーナビュータイプの部屋に加え、ビーチに面したオーシャンビュータイプ、露天風呂付きのラナイタイプ、そしてスイートタイプの部屋などがあります。

エントランス

メインタワーと同様、新客室等でもシーサーがお出迎えしてくださいました。

ベッドルーム

続いて、客室内の紹介に移ります。

マリーナキングの客室に入ると、50㎡もある広々とした室内に加え、窓の外には前を遮るものがないことから、非常に開放的な部屋だなといった印象を受けました。

また、床がパープル色であったり、チェアーの色がグリーンだったりと、部屋全体として鮮やかな色使いになっていました。

ベッド

部屋全体としては鮮やかな配色となっていますが、ベッドの周りについては、木製の家具が揃えられ、落ち着いた感じになっていました。

ワークデスク・チェアー・テレビ

ソファ・テーブル

また、テーブルの上には、ウェルカムギフトの和菓子が用意されていました。

一人掛けチェア・オットマン

一人掛けのチェアーはリゾート感が漂っており、オットマンを使って足を伸ばすことで、ゆったりとく南国気分を味わうことができます。

無料の水・コーヒー・冷蔵庫

エスプレッソマシンはCaffitalyというもの、冷蔵庫の中は空となっていました。

バスルーム

バスルームとベッドルームはスライドドアで隔てられているのですが、このスライドドアを開けると、バスタブに浸かりながらマリーナやビーチの風景を望むことができます。

バスルームの構成としては、独立したシャワールームとバスタブ、ダブルシンクの洗面台が用意されています。

シャワールーム

バスアメニティ

バスアメニティはシェラトンオリジナルのものでした。

バスタブ

洗面台

洗面台はダブルシンク構成です。

客室からの景色

最後に客室からの景色を紹介します。

マリーナキングルームは、その名のとおり隣接するマリーナに面していることから、バルコニーからはマリーナの景色を楽しむことができます。

マリーナキングルームの紹介は以上で終わりです。

これまで宿泊してきたメインタワーの部屋も十分満足出来るものでしたが、今回宿泊したサウスタワーのマリーナキングはそれを超える満足度でした。

ぜひまた泊まってみたいと思わせるような部屋ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。