フォーポイントバイシェラトン宿泊記

フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビュー/ジャグジールーム(2018年SPG・マリオットプラチナ修行)

イアガラ旅行の最後は、フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビューに宿泊してきました。

フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビューも、ナイアガラ地域のカナダ側に位置していて、今回宿泊した3つのホテルの中では最もカナダ滝に近いロケーションとなっています。

フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビュー概要

 

住所 6455 Fallsview Boulevard Niagara Falls, Ontario L2G 3V9 Canada
予約 最安値での検索はこちら / 公式サイトからの予約はこちら
チェックイン 4:00 PM
チェックアウト 12:00 AM
マリオットリワード
カテゴリー
3

高級ホテルでVIP待遇を受けたい方必見!
SPGアメックス 特別キャンペーンご紹介

ホテル外観

ホテルの外観は、上層階部分の外壁がピンク色となっていたり、形状も弧を描いているなど特徴のあるものとなっています。

パブリックスペース

エントランス

エントランス周辺は控えめな造りです。

フロント

写真の左手が一般の方向け、右手がSPG会員向けのフロントとなっていました。

ビジネスセンター

SPGプラチナ会員特典

今回SPGプラチナ会員として受けることができた特典は以下のとおりです。

  • ルームアップグレード(シティビュールーム ⇒ ジャグジールーム)
  • ウェルカムギフトとしての朝食(250スターポイントも選択可能でした)
  • レイトチェックアウト(16時まで)

当ホテルではクラブラウンジが設置されていないため、今回はウェルカムギフトとして朝食を選択しました。

この朝食については後ほど紹介しますが、フロントのスタッフさんもあまりオススメしないと言ってしまうような、少々物足りない内容でしたね。

ジャグジールーム

SPGプラチナ会員特典により、今回はシティビュールームからジャグジールームにアップグレードいただけました。

なお、この部屋はその名のとおり、ジャグジー(お風呂)が特色の部屋とのことです。

ベッドルーム

そのジャグジーですが、ベッドルーム内に設置されていて、しかも壁で仕切られてもいませんでした。

複数人で宿泊する場合、プライバシーの確保がなかなか難しい、大胆な配置ですね。

ベッドエリア

ベッドはキングサイズのものが1台で、フォーポイントバイシェラトン・フォーコンフォートベッドというもののようです。

シッティングエリア

シッティングエリアには、1人掛けソファとサイドテーブルが設置されていました。

テレビ / ワークデスク

ワークデスク含め、室内の家具は木製のもので揃えられていて、部屋全体も落ち着いた雰囲気となっていました。

無料の水 / コーヒー / ティー

ジャグジー(バスタブ) / 洗面台

少し前にジャグジーがベッドルーム内にあるということを書きましたが、ジャグジーだけでなく、洗面台もベッドルーム内に設置されていました。

バスルーム

バスタブと洗面台がベッドルーム内にあるということから、バスルームについてはシャワールームとトイレという、非常にシンプルな構成でした。

シャワールーム

バスアメニティ

バスアメニティは、壁に据え付けのタイプで、ACTIVというフォーポイントバイシェラトン標準のものが用意されていました。

部屋からの景色

方角としては、ナイアガラの滝がある方を向いてはいるのですが、4階と低層の部屋だったため、正面の建物が見えるのみで、眺望はいまいちでした。

なお、上層階のフォールズビュールームは、カナダ滝(ナイアガラの滝を構成する滝のうちのひとつ)を一望できる部屋になっているようです。

ジャグジールームの紹介は以上となります。

振り返ってみると、バスタブの設置場所は少々変わってはいますが、広さは十分で使い勝手もよく、快適な時間を過ごすことができました。

フィットネス / プール

フォーポイントブランドのホテルということで、共用設備にあまり力が入っていませんが、宿泊者が無料で利用可能なフィットネスやプールは用意されていました。

フィットネス

プール

朝食@IHOP

SPGプラチナ会員特典の無料の朝食は、IHOPというホテル内に設置されたレストランでいただくことができました。

IHOPはアメリカのレストランチェーンで、私は知らなかったのですが、以前は日本にもあったようですね。

IHOPでいただいた朝食は、以下の写真のとおりです。

感じ方は人それぞれだと思いますが、少なくとも私はこの朝食を目にして衝撃を受けてしまいました。

フロントスタッフの方もチェックイン時にわざわざ写真をもってきてくれて、本当にウェルカムギフトとして朝食を選択するのか、これでいいのかと念押ししてくれた理由が実物を見てやっと理解できました。

フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビューで、プラチナ会員用ウェルカムギフトは朝食ではなく素直にポイントを選択することをオススメします。

ホテル周辺

最後に気を取り直して、ホテル周辺で撮影した写真を数枚掲載させていただきます。

カナダ滝

カナダ滝の間近に見て、その迫力にはかなり圧倒されてしまいました。

スカイロンタワー

ホテルから数分歩いたところにスカイロンタワーという、ナイアガラの滝を一望できるタワーがあり、せっかくなので登ってみました。

年季がかなり入っていて、タワー内にあるアトラクションも何十年も前を思わせるようなものばかりでほぼ全員が素通りしてしまうような少し残念なタワーでしたが、展望台から見渡すナイアガラは、間近で見るのとはまた違った迫力があり、それはそれでかなり満足度の高いものとなりました。

何回かに渡って紹介してきたナイアガラシリーズも今回で最後になります。

今回宿泊した3つのホテルはそれぞれ一長一短あり、どれがオススメかというと選ぶのはなかなか難しいです。

ゆっくりと落ち着いた滞在を好むならアメリカ側にあるシェラトン・ナイアガラフォールズ、ホテル内エンターテイメントを求めるならシェラトン・オンザフォールズ、大迫力のカナダ滝を何度も見たいという方には、フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビューが合っているのではないでしょうか。

なお、フォーポイントバイシェラトン・ナイアガラフォールズ・フォールズビューからカナダ滝は直線距離は近いのですが、徒歩の場合遠回りしないとたどり着くことできず、けっこう時間がかかります。

最短距離で移動するには有料のケーブルカーを利用する必要があるのでご注意ください。

ナイアガラシリーズは以上となり、次回以降はまた国内ホテルをいくつか紹介していきたいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。