SPG

マリオット フリーナイトアワードカテゴリー変更(2018年8月〜)まとめ

SPGがマリオットの会員プログラムに統合される日まで、あと1ヶ月ほどまで迫ってきました。

そしてつい先日、多くの方が待ち望んでいた、会員プログラム統合後の新カテゴリーも発表されましたね。

そこで本投稿では、日本のマリオット系ホテルのカテゴリーがどのように変更されるのかまとめたいと思います。

マリオット フリーナイトアワード新カテゴリー

2018年8月から適用される今回のカテゴリー変更ですが、非常にバランスのとれた変更になったのではないかと私は感じています。

シェラトン都ホテル東京やウェスティン ルスツリゾートあたりは、このポイントを使って宿泊するかというと決して宿泊することはないと思うのですが、その他の多くのホテルについてはこれくらいだったら、と思わせるレンジに収まっているところが多いといった印象ですね。

また、2018年中はカテゴリー8の場合でも、カテゴリー7のレートで宿泊できるようなので、これからもSPGアメックスで買い物して、ぜひザ・リッツ・カールトン東京あたりに泊まってみたいところです。
(2018年中は60,000ポイント、スターポイント換算で20,000スターポイント相当ということで、かなりお得なのではないでしょうか。)

マリオット国内ホテル フリーナイトアワード ポイント交換レート

ホテル名 Cat. 現交換
レート
新交換
レート
差分
コートヤード新大阪ステーション 5 35,000 35,000 0
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 5 35,000 35,000 0
コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 5 40,000 35,000 -5,000
フォーポイントバイシェラトン函館 4 30,000 25,000 -5,000
富士マリオット・ホテル山中湖 5 35,000 35,000  0
伊豆マリオットホテル修善寺 5  35,000  35,000  0
軽井沢マリオットホテル 5  35,000  35,000  0
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5  30,000  35,000 5,000
琵琶湖マリオット・ホテル 5  35,000  35,000  0
モクシー大阪本町 5  35,000  35,000  0
モクシー東京錦糸町 5  35,000  35,000  0
名古屋マリオットアソシアホテル 5  30,000  35,000  5,000
南紀白浜マリオットホテル 5  35,000  35,000  0
オキナワ マリオット リゾート&スパ 6  40,000 50,000 10,000
大阪マリオット都ホテル 6  40,000  50,000  10,000
ルネッサンス リゾート ナルト 5  35,000  35,000  0
ルネッサンス リゾート オキナワ 6  40,000 50,000 10,000
シェラトングランドホテル広島 5  36,000 35,000 -1,000
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5  36,000 35,000 -1,000
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6  60,000 50,000 -10,000
シェラトン北海道キロロリゾート 5  36,000 35,000 -1,000
シェラトン都ホテル大阪 5  30,000 35,000 5,000
シェラトン都ホテル東京 6  36,000 50,000 14,000
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6  60,000 50,000 -10,000
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 8 90,000  85,000 -5,000
キロロ トリビュートポートホテル 北海道 5 30,000  35,000 5,000
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 8 90,000  85,000 -5,000
ザ・プリンス さくらタワー東京 6 40,000  50,000 10,000
ザ・リッツ・カールトン京都 8 70,000  85,000 15,000
ザ・リッツ・カールトン沖縄 7 60,000  60,000 0
ザ・リッツ・カールトン大阪 7 50,000  60,000 10,000
ザ・リッツ・カールトン東京 8 70,000  85,000 15,000
セントレジス大阪 8 90,000  85,000 -5,000
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 5 30,000  35,000 5,000
ウェスティン都ホテル京都 5 36,000  35,000 -1,000
ウェスティンホテル大阪 5 36,000  35,000 -1,000
ウェスティン ルスツリゾート 7 60,000  60,000 0
ウェスティンホテル仙台 5 36,000  35,000 -1,000
ウェスティンホテル東京 6 60,000  50,000 -10,000
東京マリオットホテル 6 40,000  50,000 10,000
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5 36,000  35,000 -1,000

これまで数えたことがなかったのですが、現在国内にあるSPG・マリオット・リッツカールトン系のホテルは、トータルで41もあるのですね。

私はこれまでSPG系しか利用してこなかったのですが、国内だけでも一気に宿泊先としての選択肢が増えることになり、非常にワクワクします。

今回の会員プログラムの統合に伴い、プラチナ会員を維持するための条件が私にとってはかなり厳しいものとなったため、一旦はプラチナ会員資格の継続は断念したものの、ついプラチナ修行を続けてしまいそうなくらい魅力的なポートフォリオです。

年間50泊は私にとっては、非現実的ですが。。

SPGアメックス更新時 無料宿泊特典対象

SGPアメックスについては、引き続き発行されることが既に発表されていましたが、会員プログラム統合後の無料宿泊特典の対象カテゴリーがどうなるかについては特に情報がここまでありませんでした。

そして、マリオットのアナウンスの少し後、こちらについてもSPGからメールで情報が送られてきましたね。

以下SPGからのメールの引用ですが、今後はカテゴリーではなく、50,000ポイント以下の交換レートのホテルで無料宿泊特典を利用できるようです。

As a Cardmember, you’ll receive 1 Free Night Award every year after your Card account anniversary. Award can be used for one night (redemption level at or under 50,000 points) at a participating hotel.

カテゴリーではなく、ポイント数で対象が定義されているのは、2019年以降は標準レートに加え、ピーク/オフピーク時の交換レートが導入されるからだと思われます。

標準レートですとカテゴリー6までのホテルでしか無料宿泊特典は使用できませんが、オフピークの時はカテゴリー7のホテルでも使用できるようになるということなのでしょう。

Cat. Standard Off-Peak Peak
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

ということで、重大なアナウンス内容だったので、今回は2018年8月以降のマリオットのホテルカテゴリーについて急遽紹介させていただきましたが、次回からはまた、途中となっているナイアガラの旅の紹介を再開したいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。